うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

生理前に彼女が情緒不安定で泣く?対策や解消法について!

      2016/03/05

スポンサーリンク

月に1度の生理は、女性にとって少なからぬ負担です。

生理痛が激しく、体が重い人もいます。

しかし、生理痛以上に負担になるのが、生理前の情緒不安定です。

イライラしたり泣きだしたり。

パートナーの男性にとって、対応に困るのが、情緒不安定です。

いきなり彼女に泣き出されてうろたえた経験がある男性は、少なくないようです。

どうしたら良いのでしょうか?

生理前の情緒不安定によるいざこざを解消するには、男性と女性の双方が努力することが大切です。

melancholy

その症状はPMSかPMDD!

情緒不安定が生理前に限って現れ、生理が始まるとケロリと治っているようなら、PMSの可能性が高いと言えます。

20歳以上の女性の約86%は、生理前になると、イライラが募り、情緒不安定になるとされています。

涙もろくなる人も少なくないようです。

3~8%の女性には、特に強い精神症状が現れ、激しい不安を感じたり、突然悲しみに襲われたり、感情が抑えられなくなったりします。

うつ状態に陥ります。

俗に「月イチうつ」と呼ばれる状態です。

正式な病名は「月経前不快気分障害(PMDD)」です。

20代後半から30代半ばに多いと言われています。

原因は、排卵による卵胞ホルモン、黄体ホルモンの急激な増加です。

ホルモンのバランスが急激に変化するのに体がついていかず、心身の不調をきたします。

▶︎幼児・子供の情緒不安定とは?原因や症状について!

女性はどうしたら良いのか?

女性の方も、生理前に情緒不安定になって困るようなら、対策を立てましょう。

「だって、仕方ないじゃない!私が悪いんじゃないもの!」と投げやりになるのは、自分を粗末に扱うことであり、パートナーを振り回すことになります。

まずは、パートナーに自分の体の周期を説明し、生理前になるとどのような心身の不調が現れるかを説明しましょう。

生理が始まって、気分が落ち着いた時が良いでしょう。

どうしてもイライラが抑えられない時には、連絡をとるのを控えるのも双方の為です。

生理前に生じる不調に備えて、食生活を改善するのも大切です。

ビタミンB6、ビタミンB12、マグネシウム、カルシウムなどを含む食品を摂り、カフェインやアルコールは控えましょう。

ハーブを利用するのも良いでしょう。

チェストベリーやイブニングプリムローズは、ハーブティーでは摂りにくいので、サプリメントで摂取すると良いでしょう。

ブラックコホシュなら、ハーブティーでもサプリメントでも大丈夫です。

食生活を改善したりハーブを試したりしても、効果が不十分なら、婦人科を受診しましょう。

妊娠予定が無い時なら、低用量ピルを飲むことで症状はかなり改善されます。

▶︎妊婦が情緒不安定になるのはつわりが原因なのか?

男性はどうしたら良いのか?

まずは、PMSやPMDDといった病気の存在を知り、症状を理解しましょう。

日本では、性教育が行われても、PMSやPMDDといった病気自体が知られるようになったのが近年のため、女性が生理前に心身の不調を来すことへの理解が進んでいません。

病気だと理解することで、困惑が和らぐことでしょう。

パートナーが生理前に情緒不安定で泣きだしたら、過剰に反応せず、静かに見守ってあげましょう。

彼女は泣いてスッキリしたいだけなのです。

泣きだした彼女を見て、「何とかして泣き止むようにさせないと!」と解決方法を模索する男性は少なくありませんが、彼女は泣きたいだけなのです。

泣くということは、最高のストレス解消になることがしばしばあります。

生理前に情緒不安定で泣く彼女にとって、泣くことは、最も良い気分安定剤なのです。

スポンサーリンク

▶︎情緒不安定を無料で診断する方法!

西洋医学的アプローチ

生理前の情緒不安定に効く薬は抗不安剤や精神安定剤になります。

こういった薬に対して「依存症になるのではないか」という不安を抱いて、使うのが怖いという人もいるのではないでしょうか。

依存性が高いというのは事実ですが、それを理解して医師の指示通りに正しく使えば、依存症になってしまうことはまずありません。

PMS症状ではベンゾジアゼピン系という抗不安薬を処方されることが多いようです。

筋肉の緊張を和らげて、不安やイライラを抑えてくれます。効き目が出やすいのが特徴です。

その一方で、眠気やふらつきなどの副作用が出やすいので、日中での使用は難しいでしょう。

▶︎生理前に無気力になる理由は×××だった! 

東洋医学的アプローチ

PMSの症状には漢方もよく効きます。

ただし、東洋医学の考え方では体を整えること、症状が出にくい状態にすることが治療の目的なので、ピンポイントで原因を取り去ることはできません。そのため、即効性がありません。

ですから、抗不安剤への依存性を弱めるためにも、漢方薬と抗不安剤を併用するといいと思います。

PMSの情緒不安定に効く漢方薬には加味逍遙散、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯などがあります。

特に加味逍遙散は、月経にかかわるトラブルによく処方されます。

血行をよくし、ホルモンバランスを整え、イライラや不安感を静めてくれる効果があります。

柴胡加竜骨牡蛎湯は気持ちを落ち着け、気分を穏やかにしてくれます。

のぼせがある人には特に効果的です。

桂枝加竜骨牡蛎湯も柴胡加竜骨牡蛎湯と効果はほとんど同じです。

使われている生薬も同じものが多いですが、こちらは逆に冷えの症状がある人に効果的です。

漢方薬は自然の生薬を使っていますが、副作用や飲み合わせがないわけではありません。

自己判断で服用するより、医師や薬剤師に相談して自分の体に合ったものを処方してもらいましょう。

▶︎抗うつ剤とは?効果や薬の種類について! 

 - 情緒不安定


スポンサーリンク



→抗うつ薬に頼らないうつ病改善プログラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

melancholy
幼児・子供の情緒不安定とは?原因や症状について!

  子供の情緒不安定  

Doctor of two people to make sure the tablet
情緒不安定を無料で診断する方法!

スポンサーリンク 情緒不安定というと、突然怒りだしたり泣きだしたりするという印象 …

melancholy
妊婦が情緒不安定になるのはつわりが原因なのか?

妊娠中の情緒不安定の原因は?