うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

子供の精神病⁉︎どのような病気があるのか?心の病気になる原因は?

      2016/02/23

スポンサーリンク

精神疾患と言うと、大人の問題と感じている人が多いかもしれません。

ストレスが溜まる大人の社会。

一方、子供は天真爛漫に育っている。そのように思う人は少なくないようです。

しかし、児童期から思春期にかけて問題となりやすい精神疾患はあります。

どのような病気があるのでしょうか。

子供の場合も、大人と同様にストレスが原因なのでしょうか。

melancholy

どのような精神疾患が問題になるのか?

精神疾患の中には、児童期から思春期にかけて発症が多くなる病気があります。

統合失調症、パニック障害、強迫性障害、うつ病などです。

統合失調症

通常10代後半~20代前半に発症するといわれますが、ごくまれに10歳前後の小児でも発症することがあります。

その場合には、登校拒否や引きこもりになってしまう症状が多く見られ、その後幻覚や妄想といった大人と同じ症状があらわれます。

また、感情の起伏が乏しくなり感情表現をしなくなることも多いです。

その反面、かんしゃくを起こしやすくなったり、暴力行為などの問題行動も見られます。

治療には薬物療法とともに社会復帰のためのリハビリが必須になります。

パニック障害

子供は大人より不安を感じやすいため、パニック障害になることも少なくありません。

特にとっさに逃げられない場所を忌避する広場恐怖を抱いていることが多く、登校拒否になってしまうことも少なくありません。

そのとき、親が無理やり登校させてしまうと悪化させてしまうことになりかねません。

治療には薬物療法と行動療法が取られます。親が子供の不安を理解してあげることも重要です。

強迫性障害

強迫性障害の子供は、何らかの不安を抱えています。

自分や家族が傷つけられるのではないかと心配し、恐れているため、それを打ち消すために何か行動しなければならないと思っています。

そして、そういう行動が恥ずかしいと思っているので、隠そうとします。

強迫性障害ははじめのうちはとても軽く、小児でも隠せてしまうので家族も気が付かないことが多いです。

治療は行動療法が主になります。薬物療法を行うと症状をコントロールできますが、服用を中止すると再発することが多いです。

うつ病

子供のうつ病は親との離別、友人の転居、学校になじめないなどの理由が原因になって発症します。

症状は大人の場合とほとんど同じですが、気分の落ち込みとは逆に過度に活発になったり、非常に怒りっぽくなる場合も多く見られます。

治療を行うときは、しっかりと休ませることです。

また、症状の程度によっては薬物療法が取られることもあります。

大人が発症することも、もちろんありますが、前駆症状は思春期やそれ以前から見られることが、明らかになってきています。

統合失調症は、頻度が約1%。

比較的頻度が高い病気です。

進行性でもあり、早期に発見して早期に治療につなげることが大切な病気です。

発症年齢は、男性が18~25歳、女性が25~35歳と言われていますが、前駆症状は思春期から現れるとされています。

何となく怖い感じがする、漠然とした不安が続く、他人の視線が気になる、悪口を言われている気がする、自分が自分ではない感じがするといった症状が現れたら、統合失調症の前駆症状の可能性があります。

うつ病も、近年、子供に増えている精神疾患です。

不登校の原因になることが少なくありません。

子供の場合は、抑うつ気分が前面に出るというより、頭痛や腹痛などの身体症状の訴えが多いことが特徴です。

また、落ち込んでいるというより、イライラ感が目につきやすいと言えます。

▶︎子供のパニック症候群の原因は?治療法は薬物投与になるのか?

このような兆候が見られたら精神疾患かも⁉︎

子供は、自分の気持ちの変化をうまく言葉で表現できません。日常生活に、それまでと違う様子が見られたら、よく注意しましょう。

1.睡眠→布団に入ってもなかなか寝つかない、夜更かしをする、朝になってもなかなか起きられない

2.食事→食欲がない、食べ過ぎる、著しい偏食が見られる

3.体調→朝から疲れている、元気がない、頭痛や腹痛などを訴える、顔色が悪い、体重が急に増減した

4.行動→幼稚園や学校に行きたがらない、友達と遊ばなくなった、表情や反応が乏しくなった、独り言が多くなった、暴れる、話が支離滅裂になってきた

ただし、近年は、脳が十分に発達する前の段階で薬が多用され、症状が悪化するケースも報告されています。

小児への薬物療法は、まだ確立されていません。

副作用については、医療機関と慎重に話し合うことが必要です。

子供の行動の変化に関しては、教育機関と連携を強化して、最小量の投薬で済むように配慮することが大切です。

スポンサーリンク

子供の精神疾患の原因は?

子供の精神疾患にも、ストレスは深く関わっています。

親や兄弟との関係、友人との関係、勉強や習い事などの問題が、子供にとって深刻なストレスになっていることは、少なくありません。

核家族化が進行している今日、子供に対する親の影響は絶大です。

親が生きづらさを抱えている場合、子供にも影響が及ぶことは、十分に考えられます。

発達途上にある子供に及ぼす親の影響は大きなものがあります。

2002年に川崎市が行った調査では、精神障害者福祉手帳を有している人の25%に子供がいます。

2004年に全国の患者会・当事者会が行った調査では、対象者のうち17.5%に子供がいました。

そうした子供たちについては、現在、親の精神疾患の治療を行っている医師も、実態を把握していません。

教育機関も、プライバシーの問題に関わることとして、子供に目立った行動の変化が無い限り、支援は行っていません。

大人になって精神疾患を発症していることがはっきりした時点で、子供時代のことを聴き取った時に、親も精神疾患を発症していたことが明らかにされるのが実情です。

しかし、親が精神疾患を患っている場合、子供は「自分のうちは、他所とどうやら違うようだ」と感じて、密かに取り繕おうとしていることが多いと指摘する専門家もいます。

子供の精神疾患患者が増えていることが問題になってきた今日、精神疾患の親を持つ子供への支援は、積極的に進められる必要があるでしょう。

1・2・・>>次のページへ

 - 精神病


スポンサーリンク



→抗うつ薬に頼らないうつ病改善プログラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

menhera
メンヘラ男とは?特徴や上手く付き合うための5つの対処法!

スポンサーリンク 精神的に病んでいる人を表すネットスラング、「メンヘラ」。 メン …

Man sitting with legs apart in padded room
ステロイド精神病とは?症状や治療法について!

ステロイド精神病って知ってますか? 一般の人でステロイドを使う機会があるのは、皮 …

Bed for restraining psychiatric patiens
精神疾患に対する差別の歴史!

うつ病に対する啓蒙活動は、近年、ずいぶん進んできました。 精神科受診への抵抗感は …

utsu
精神病の病名の種類どの位ある?症状を診断チェック!

スポンサーリンク 精神疾患は様々な分類方法があり、同じ病気でも分類方法によっては …

melancholy
精神疾患を無料でチェック!その後は?

気が滅入って食事も喉を通らないという経験は、誰にでも一度や二度はあるでしょう。 …

housekagaya
芸能人で精神疾患があると言われている人は?

スポンサーリンク ストレス社会と言われて久しいものの、精神疾患を患った場合、まだ …

melancholy
メンヘラ女の特徴!見た目や外見のまとめ!

最近、ネットで頻繁に聞かれるようになった言葉に「メンヘラ」があります。 「ちょっ …

utsu
嘘の精神病の症状を見抜く方法はある?本物はどんな感じ?

スポンサーリンク 最近になって「○○うつ」という新型うつ病が多くなってきました。 …

Man sitting with legs apart in padded room
精神病は強制的に入院させられるのか?費用はどれくらいかかる?

精神疾患のために自分や他人を傷つけてしまうことがあります。 統合失調症や躁うつ病 …

DNA
遺伝性精神病とは?精神病は遺伝でおこる!

スポンサーリンク 精神疾患の中には遺伝性を持つものがあります。 もちろん、すべて …