うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

うつ病の薬とアルコールの併用が危険な理由

   

うつ病の治療を受けている時にも付き合いでお酒を飲んでしまうことがあります。

もともとお酒が好きで、

つい飲んでしまうということもあるようです。

 

しかし、

抗うつ剤の添付文書には

アルコールとの併用は好ましくないと記してあります。

どうしてうつ病の薬とアルコールは併用しない方が良いのでしょうか?

もしも併用したら、どうなってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

抗うつ剤の効き目もアルコールの効き目も不安定になる

アルコールは、

代謝酵素の活性を不安定にします。

抗うつ剤を飲んでいる時にアルコールを飲んでしまうと、

抗うつ剤がうまく代謝できなくなります。

 

薬には、

ちょうどよく効く血中濃度というものがあります。

 

至適濃度と言います。

 

アルコールを摂取すると、

抗うつ剤の血中濃度が不安定になり、

薬の至適濃度を保てなくなる可能性が高くなります。

 

至適濃度が保てなくなると、

抗うつ効果が弱まったり、

薬が効きすぎて興奮状態になったり不穏状態になってしまうことさえあります。

 

whisky
また、

抗うつ剤の代謝がうまくいかないと、

アルコールの代謝にも影響を及ぼします。

 

お酒の血中濃度が高まって泥酔状態になったり、

ほんのちょっとお酒を飲んだだけでも二日酔いになったりします。

 

抗うつ剤とアルコールは、

相互に作用しあって互いの効果を不安定にしてしまいます。

 

仮に抗うつ剤の添付文書にアルコールとの

「相互作用は認められていない」と記してあっても、

アルコールを飲むことに否定的な書き方がしてあったら、

臨床試験を行っていないということなのだと考えましょう。

 

抗うつ剤の臨床試験中に

アルコールを一緒に飲ませるというような実験は、

倫理的には認めがたいからです。

 

スポンサーリンク

 

抗うつ剤とアルコールを併用したら?

併用してはいけないと分かっていても、

接待で仕方なく飲んでしまったというような場合、

どうなるのでしょうか?

 

飲んだ時には、

別段のことはありません。

 

頭痛がするわけでも、

吐き気がするわけでもありません。

 

それだけに薬とアルコールの併用は、

注意する必要があります。

 

薬やアルコールの効き目が不安定になっているのを実感するのは翌朝からです。

 

うつ病では、もともと朝の体調がよくありませんが、

アルコールを飲んでしまった翌朝は、

だるかったり、

落ち込みやすかったり、

なんとなく落ち着かなかったりします。

 

お酒の代謝もうまくいかないため、

この状態は数日続くこともあります。

 

アルコールの摂取量が多かった場合は、

翌朝起きられなかったり、

強い抑うつ状態に陥ったり、

激しい疲労感に襲われたりします。

 

長期的に抗うつ剤とアルコールを併用した場合は、

難治性うつ病になったり、

アルコール依存症になることもあります。

 

うつ病の薬を飲んでいる間に飲酒をする機会が多ければ多いほど、

摂取する量が多ければ多いほど、

うつ病の治りは遅くなります。

 

禁酒するようにしたいものです。

 

1・2・・>>次のページへ

 - うつ病


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

utsu
そわそわと落ち着きがないとうつ病やパニック障害の兆候?

スポンサーリンク ストレスが多い、現代の生活。 うつ病は、ストレスが、うまく解消 …

stalker
つきまとい被害で心の病(うつ)になった場合どうしたらよいのか?

ストーカーのつきまとい被害による心の病気

melancholy
非定型うつ病とパニック障害の意外な関係性について!

非定型うつ病ってどういった病気かご存知ですか? まずは非定型うつ病について簡単に …

sake
抗うつ剤等の薬とお酒・アルコールの危険性について!

うつ状態に陥ると眠りが浅くなったり、 寝つきが悪くなるため、 ついつい寝酒を薬と …

Troubles in business
うつ病の回復期の頭痛・動悸・吐き気について

うつ病の過程は前駆期、 極期、回復期、中間期の4段階があります。   …

kamen
仮面うつ病と自律神経失調症の違いと治し方は?

仮面うつ病と自律神経失調症の違い  

melancholy
大うつ病診断基準について!病院での診断内容は?

うつ病というのは自分の体に変化が 出てきて気分がいつもと異なる病気の事を言います …

melancholy
双極性障害2型とうつ病の違いは?生活保護の申請は可能なのか?

双極性障害とは何か 双極性障害とは、 昔は「躁うつ病」と呼ばれていた精神疾患のこ …

非定型うつ病
非定型うつ病が悪化すると不安障害を合併⁉︎治療では精神療法が中心!

若い女性に患者が多いとされる非定型うつ病。 「うつ病」という名称がついており、う …

depressed woman
反復性うつ病性障害の症状とは?治療法や診断基準について!

スポンサーリンク うつ病が期間を置いて何度も繰り返してしまう反復性うつ病性障害。 …