うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

自律神経失調症の初期症状はイライラ?悪化する前に抑える事は出来る?

   

スポンサーリンク

ストレス社会で、誰もが罹りうるのが、自律神経失調症です。

自律神経失調症は、心身ともにさまざまな症状が現れますが、本人には分かりにくくても、周囲の人が気づきやすい症状に、イライラしやすいというものがあります。

些細な事で、イライラする、しょっちゅうイライラしている、感情の起伏が激しいなど。

以前のその人の人柄と違った様子が見られたら、自律神経失調症の初期症状です。

iraira

自律神経失調症は交感神経が優位になるのが、原因

自律神経は、交感神経と副交感神経から成っています。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態が、自律神経失調症です。

自律神経失調症の大半は、交感神経が優位になる時間が長引く事で、生じます。

交感神経が優位になると、2つの症状が現れます。

1つは、アドレナリンの分泌が活発になる事です。

アドレナリンの分泌が活発になると、興奮状態になります。

興奮状態になっている時は、外からの刺激に過敏になります。

些細な事が刺激になるため、感情が不安定になり、イライラしやすくなります。

もう1つは、大脳辺縁系の働きが活発になる事です。

脳は、通常は、大脳新皮質が、大脳辺縁系を抑制しています。

大脳新皮質は、理性を司ります。感情を司るのが、大脳辺縁系です。

交感神経が優位になると、大脳辺縁系がメインに働くようになります。

そのため、イライラした気持ちを抑える事が、できなくなります。

以前なら、気にも留めないような些細な事でカッとしたり、いつまでもイライラしたりして、不眠、頭痛、微熱、便秘や下痢などの症状が現れるようになります。

イライラは、自律神経失調症の初期症状です。

スポンサーリンク

→自律神経失調症の治し方!運動して汗をかいて睡眠をしっかりとれば治る

イライラが悪化する前に試したい5つのこと

1.腹式呼吸。

緊張状態が続くと、無意識のうちに呼吸が浅くなっています。

腹式呼吸を行うと、血圧が安定し、脳がリラックスします。

気功、ヨーガ、座禅など、心を落ち着かせるのに良いとされるものに共通しているのは、ゆったりとした呼吸法です。

口から吐いて、鼻から吸います。

息を吐く時には、口をすぼめるのが、コツ。ゆっくり吐くことになります。

息を吸う時には、おへその下に空気をためるようにイメージしましょう。

初心者は、寝ながら行うと、やりやすいようです。

息を吐いた時にお腹が引っ込み、息を吸った時にお腹が膨らむのを実感できます。

2.ゆっくり入浴。

湯船に浸かりましょう。

お湯の温度は40℃くらいがベスト。

入浴したら、頭皮マッサージを丁寧にしてみると、良いでしょう。

緊張状態が続いている時は、頭皮が凝りやすくなっています。指の腹を使って、3分くらい揉みほぐしてみましょう。

3.身の回りに増やしたい青と緑。

色彩も、自律神経に影響を与えています。

副交感神経に働きかける色が、青や緑です。

青は、血圧や体感温度を下げ、呼吸や脈拍もゆっくりしたものにする効果があります。

緑は、脳の興奮を鎮める効果があります。

バスタオル、ラグマット、クッションなど、リラックスしたい時間に身の回りに置く小物に、青や緑の物を増やしてみましょう。

4.アロマ。

安眠効果の高いラベンダー、気持ちを落ち着かせるヒノキ、リフレッシュできるレモン系やペパーミントなどが、オススメ。

火を使うのが心配なら、アロマオイルを1滴垂らしたお湯をタオルに含ませ、首や肩などに湿布しても、効果があります。

5.積極的に摂取したい3つの栄養素。

カルシウム、ビタミンB1、ビタミンCを積極的に摂りましょう。

血液中のカルシウムが不足すると、イライラしやすくなります。

牛乳、乳製品、小魚を摂りましょう。

ビタミンB1も、不足すると、イライラしやすくなります。

牛乳、豚肉、鶏レバー、白米、食パン、ゴマ、ソバなどに、多く含まれています。

ビタミンCには、抗ストレス作用があります。

ブロッコリー、パセリ、レモン、イチゴなどを積極的に食べましょう。

→自律神経失調症の治し方!足つぼやマッサージで症状は緩和される?

 - 自律神経失調症


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

utsu
子供の自律神経失調症は大人と症状が違うの?

スポンサーリンク 近年、増えている、子供の自律神経失調症。 生活リズムの乱れやス …

utsu
自律神経失調症になると呼吸が苦しい?薬を使わず対処する魔法の方法とは?

スポンサーリンク なんとなく酸素が薄い感じがする…。 呼吸が苦しい原因が、自律神 …

jiritsu
自律神経失調症の場合お酒は禁止?アルコールの摂取は大丈夫?

スポンサーリンク 誰もが罹り得る病気の1つが、自律神経失調症です。 自律神経は、 …

jiritsushinkei
なぜ?子供が自律神経失調症になる3つの原因とは?

スポンサーリンク 自律神経失調症は、大人の病気という印象を抱いている人は、少なく …

onsen
自律神経失調症の改善に温泉が効果的と言われる3つの所以

スポンサーリンク 自律神経失調症は、治療法が確立していない病気です。薬物療法だけ …

utsu
子育て中の自律神経失調症がつらい!自力で改善する為の3つの心得

スポンサーリンク 子育て中は、自律神経失調に悩まされる人が、意外と多いものです。 …

utsu
頻尿と自律神経失調症の関係性!呼吸法を整えると改善する?

スポンサーリンク 頻尿の人が、近年、増えています。 頻尿とは、日中に8回以上、夜 …

utsu
更年期の自律神経失調症の治し方!ストレッチ・運動・ヨガが効果的

スポンサーリンク 更年期には、心身にさまざまな不調が現れやすくなります。 特に病 …

utsu
自律神経失調症の治し方!足つぼやマッサージで症状は緩和される?

スポンサーリンク 過度のストレスにさらされたり、疲労が長く蓄積されたりすることで …

utsu
自律神経失調症の症状は疲れ目や目の痛みとしても現れる?

スポンサーリンク パソコンやスマートフォンが普及し、疲れ目は、誰もが経験するもの …