うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

季節性情動障害の症状を診断チェック!治療や予防法について!

   

季節性情動障害とは何か

季節性情動障害とは、冬季うつ病や季節性気分障害とも呼ばれます。

反復性うつ病性障害のひとつに分類されます。

 

スポンサーリンク

 

冬の時期など一定の季節に、気分の落ち込みや倦怠感など抑うつ症状があらわれます。

ほかには、過食、甘いものや炭水化物に嗜好が偏る偏食など食欲の変化や、睡眠時間が長くなる、といった症状が見られます。

通常のうつ病と違う点は、一定の時期(たとえば、真冬の間)来ると症状があらわれ、その時期が過ぎると症状が回復すること、です。

抑うつ症状が出ない時期は比較的元気なことが多いようです。

 

melancholy

 

以前は「冬季うつ病」と呼ばれるのが一般的でしたが、最近では冬季にかかわらずこの症状が出ることがあるので「季節性情動障害」と呼ばれています。

中には夏だけに症状があらわれたり、夏と冬両方に現れたりする人もいます。

夏場に起こる季節性情動障害では、過食ではなく食欲不振が起こることが特徴です。

日本ではこれらのほかに、梅雨の時期にも多い気分障害です。

 

▶︎季節性情動障害の倦怠感!意外な原因はアレだった!?

 

スポンサーリンク

 

季節性情動障害の予防には

季節性衝動障害は、日照時間が減ることによって起こると考えられています。

詳しいことはまだ研究段階にありますが、目から取り込まれる光の量が減ることで、脳内神経伝達物質のセロトニンが生産されなくなり抑うつ症状を起こすという説が有力のようです。

 

実際、季節性情動障害の治療には高照度光療法という、強い人工光を毎日浴びることで症状が改善しています。

 

このため、普段から日光に当たるようにすると、季節性情動障害の予防に効果があります。

特に、朝は早起きしてしっかり日光を浴びるようにすると、体内時計の調整も行えて効果が高いと考えられます。

また、冬場など日照時間が減る時期には、天気のいい日を選んで軽めの運動を取り入れるといいでしょう。

 

また、自宅や職場の明かりを一段階明るいものに変えるのも効果があります。

 

1・2・・>>次のページへ

 - 季節性情動障害


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

Teenager, Embarrassment, Suicide.
季節性情動障害の倦怠感!意外な原因はアレだった!?

秋から冬にかけて「なんだか体がだるい」「やる気がでない」といった経験をしたことが …

melancholy
季節性情動障害は春〜夏に起こる?梅雨の時期は要注意を!

季節性情動障害が起こるのは冬だけじゃない! 季節性情動障害は別名「冬季うつ病」と …