うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

対人恐怖症とは?原因や症状は?

   

大勢の人の前で話すことに抵抗感を感じる人は少なくないでしょう。

初対面の人と接する時には、誰しも緊張するものです。

しかし、そのような状況に強いストレスを感じ、ストレスのあまり体調に変化が生じたり、日常生活に支障を来すようなら、「対人恐怖症」かもしれません。

対人恐怖症は、以前は気の持ちようと簡単に処理されていましたが、近年では治療すれば治る病気と考えられています。

 

スポンサーリンク

 

日本人に多いとされる対人恐怖症

melancholy

欧米では、対人恐怖症は「taijin kyofu sho」と呼ばれています。

日本語そのままです。

つまり、日本人に特有の病気と捉えられていたのです。

日本社会では、場の空気を読むことが重視されます。

そうした風土が影響してか、日本人は、対人状況で強い不安や恐怖心を感じることが少なくないようです。

対人恐怖症は、日本人の10人に1~2人の割合で見られるポピュラーな病気と言われています。

ただし、欧米でも、その後の研究によって、広義の社会的状況で強い不安感や恐怖心を抱く病気はあることが分かり、「社会不安障害」と名付けられました。

現在、対人恐怖症は社会不安障害と同じ病気だとする立場の人と、対人恐怖症は社会不安障害の一種とする立場の人がいます。

対人恐怖症を社会不安障害の一種とする人の中には、対人恐怖症が慢性化した時に引き起こされる病気に社会不安障害があるという考え方をする人がいるようです。

 

スポンサーリンク

 

▶︎社会不安障害で仕事がつらい!?仕事が続かない3つの原因とは!?

対人恐怖症の原因や症状は?

対人恐怖症の根底にあるのは、対人状況で他者から否定的な評価を下されることへの恐れです。

人前に出たら顔が赤くなるのではないか、声が震えるのではないかなどと心配し、そのような自分に相手が否定的な評価を下すことを恐れる気持ちが強いため、さまざまな症状が現れます。

対人状況で緊張や不安が強まった結果、頭痛、動悸、手足の震え、顔面の紅潮、胸苦しさ、発汗、呼吸の速まり、便秘や下痢などの症状が現れます。

対人恐怖症で特徴的なのは、そのような症状が他者を不快にさせているのではないか、他者に迷惑を掛けてしまっているのではないかと恐れることです。

「自分の赤面で相手を不快にしているのではないか?」「汗をかいてしまったが、その臭いでみんなを不快にしているのではないか?」というように、自責の念に駆られやすいのが、対人恐怖症の特徴です。

そのような発想法から、対人恐怖症が重症化すると、うつ病に移行することもあり得るとされています。

対人恐怖症には、外因と内因があるとされています。

外因とは、対人状況に強い不安や恐怖心を抱くようになるきっかけとなる出来事です。

授業中に突然指名され、発表する際に声が震えてしまったというような出来事が、外因になります。

内因は、その人の性質や生育環境に影響されるものです。

神経質で些細なことにこだわったり、怖がりで恐怖心を抱きやすい性格だったりする人に対人恐怖症が見られることが多いと言われています。

また、子供時代に人見知りであったり、母親と離れる時に泣きじゃくって分離体験がうまくできなかったりした人にも、対人恐怖症が生じやすいとされています。

対人恐怖症は、女性に多く、男性の約2倍も見られると言われています。

多くの場合、10代後半から20代前半に発症しますが、受診するほど症状に悩まされるのは、20~30代のようです。

就職や結婚、育児などによって、対人状況に大きな変化が生じ、不安や恐怖を感じることが多くなることが原因とされています。

▶︎社会不安障害の症状や治し方!気をつけたい3つのチェックポイント!

 - 対人恐怖症


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした