うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

抗うつ剤とは?効果や薬の種類について!

   

抗うつ剤の主な5系統

melancholy
抗うつ剤とは主に抑うつ症状に効果がある薬の総称です。

基本的に、どの薬も神経伝達物質が作用しやすいように、シナプス間にある神経伝達物質が増えるように作用します。

 

スポンサーリンク

 

《三環系抗うつ剤》

現在使用されている抗うつ剤の中で、もっとも古くから使われている抗うつ剤です。

シナプスには神経伝達物質を分泌する側と、それを受け取る側があります。

分泌する側にはトランスポーターと呼ばれる部位があり、ここに神経伝達物質が反応するとシナプスが「神経伝達物質が余っている」と判断し、再び自分の中に取り込んで再利用します。これを再取り込みと言います。

三環系抗うつ剤はこのトランスポーターに結合し、再取り込みを防いでくれるため、シナプス間にある神経伝達物質の量が増えるという作用があります。

 

《四環系抗うつ剤》

三環系抗うつ剤はすべての神経伝達物質に作用しましたが、こちらはノルアドレナリンのトランスポーターに選択的に結合して作用します。

セロトニンには作用しません。

 

《SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)》

三環系抗うつ剤はうつ病とは関係ないトランスポーターにも作用していましたが、こちらはセロトニンのトランスポーターに選択的に作用します。

そのため、三環系抗うつ剤より格段に副作用が少ないという特徴があります。

 

《SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)》

SSRIとほぼ同じ作用ですが、こちらはノルアドレナリンの再取り込みにも作用します。

SSRIより新しい薬です。

 

《NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)》

現在日本で使用されている抗うつ剤の中で、最も新しく開発された薬です。

SSRIとSNRIはもともと分泌された脳内物質が、適切に作用する前に再取り込みされるのを防ぐのが目的でしたが、この薬はセロトニンとノルアドレナリンの分泌量そのものを増やすことができます。

 

スポンサーリンク

 

▶︎情緒不安定を無料で診断する方法!

 

抗うつ剤を処方されたら

前段で述べたように抗うつ剤は脳の神経伝達物質に作用する薬なので、うつ病ではない場合にも処方されることがあります。

最近では自分の飲んでいる薬をネットなどで調べる人もいると思いますが、抗うつ剤が処方されたからといって「自分はうつ病なんだ」と悩む必要はありません。

また、抗うつ剤は基本的に効果が出るまで1週間~2週間かかるといわれています。

飲んですぐに効果が出るものではないということを認識しておきましょう。

また、効果が出始めるとそれまでの憂うつな苦しさから解放されますが、ある程度の期間(平均的には6ヶ月~1年といわれますが、人によっては数年かかるかもしれません)は服用の必要があります。

▶︎生理前に無気力になる理由は×××だった!

 -


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

kusuri
市販の精神安定剤を使うと睡眠障害になるのか?

スポンサーリンク 心療内科や精神科に通院すると、保険を契約する時の障害になる。現 …

utsu
市販の精神安定剤の副作用が不安!手頃な値段な薬は効果があるのか?

スポンサーリンク ストレス社会、会議の前にはイライラが募るというビジネスマンは、 …