うつ病・パニック障害相談室

鬱病・パニック障害で苦しんでいる人へ・・・

*

仮面うつ病と自律神経失調症の違いと治し方は?

   

kamen

仮面うつ病と自律神経失調症の違い

 

スポンサーリンク

 

仮面うつ病と間違われやすい病気に自律神経失調症があります。

この2つの病気はとてもよく似ていて、専門家である医師も間違えてしまうことがよくあります。

どちらの病気も症状がほとんど同じで、「腹痛、下痢・便秘、吐き気などの消化器官系の異常」「眠れない、眠りすぎるといった睡眠障害」「肩こりや手足のしびれ・震えといった筋肉系の異常」と、症状を聞いただけでは判断がつきません。

しかし、この2つの病気は症状の発症メカニズムが全く異なっています。

仮面うつ病はうつ病と同じで、ストレスや疲労によって脳内の神経伝達物質が減ってしまうことによって起こります。

自律神経失調症は不規則な生活やストレスなどで、交感神経と副交感神経の働きが崩れてしまい、体が不調を起こします。

最も大きな違いは、仮面うつ病には自覚していない精神的な落ち込みがあるということです。

仮面うつ病は身体症状で隠されているだけで、詳しく話を聞くと気分の落ち込みややる気の低下など精神的な症状が認められます。

 

スポンサーリンク

▶︎仮面うつ病の症状は吐き気?適切な接し方は×××だった!

 

仮面うつ病と自律神経失調症の治療法の違い

この2つの病気は症状は同じでも発症メカニズムが異なっているため、間違ったまま治療を行っても治りません。

そのため、まずは正しく診断してもらう必要があります。

仮面うつ病で見られる精神的症状が2つの病気を分ける重要な手掛かりになります。

たとえば、自律神経失調症でも体の調子が悪いと気分が落ち込むことはありますが、理由のない恐怖感や不安感、気分に波があるといった症状はうつ病特有のものになります。

仮面うつ病の治療はうつ病と同じです。

抗うつ剤や抗不安剤を服用しながら、休息をとることです。

身体症状がひどい場合には、症状に合わせた薬物治療を並行して行う場合もあります。

自律神経失調症でも精神的症状を抑えるために、抗うつ剤や抗不安剤を処方されることもあります。

しかし、自律神経失調症の場合は薬物治療だけでは難しく、生活リズムの改善や自律訓練法などでセルフコントロールを行う必要があります。

 

▶︎躁うつ病といわれる芸能人について!

 - うつ病


スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

african female doctor in hospital
新型うつの原因はPTSD?対応や治療方法について!

「仕事はできないのに遊びはできる」 と捉えられやすい新型うつ。   周 …

depressed woman
反復性うつ病・微笑みうつ病のそれぞれの特徴と症状とは?

うつ病は、気分障害の一種であり、 誰もがかかる可能性がある、 とても身近な病気で …

Beratung
抑うつ病・うつ病の気分解消とは?

うつ病に罹ると、 憂うつな気分から抜けられなくなります。   楽しいと …

melancholy
産後うつは二人目でもなるのか?診断基準や治療法について!

出産とは女性にとっては計り知れない程の身を削ります。   妊娠中はもち …

baby
産後うつは治らないのか?克服するための3つの心得!

産後、2~3日目になると憂鬱な気持ちになって悲しくなったりしますが、これが一般的 …

kaharatomomi
華原朋美の病気は精神的なもの?メンヘラやうつ病の兆候は?

スポンサーリンク 体調不良から、コンサートの出演を見合わせた、華原朋美。 11月 …

utsu
そわそわと落ち着きがないとうつ病やパニック障害の兆候?

スポンサーリンク ストレスが多い、現代の生活。 うつ病は、ストレスが、うまく解消 …

stalker
つきまとい被害で心の病(うつ)になった場合どうしたらよいのか?

ストーカーのつきまとい被害による心の病気

melancholy
うつ病の接し方!友達・夫・子供や息子・彼氏・仕事の職場の同僚に対して!

友達がうつ病に罹ったらどう接したら良いでしょうか? 頑張れるだけ頑張って抑うつ状 …

whisky
うつ病の薬とアルコールの併用が危険な理由

うつ病の治療を受けている時にも付き合いでお酒を飲んでしまうことがあります。 もと …